「ブルガリ」の“トゥボガス”コレクションに新作が仲間入り!

「ブルガリ」を代表する人気コレクション“トゥボガス”から、新作ブレスレットが3種登場。

イタリア語で“ガスチューブ”という意味をもつ「ブルガリ」の“トゥボガス”コレクション。1980年の誕生以来、スーパーコピーブランドを代表するアイコニックなデザインとして、数あるラインナップのなかでも高い人気を誇っている。その“トゥボガス”に、この夏新作ブレスレットが仲間入り。ピンクゴールドにそれぞれコーラル、オニキス、パヴェのダイヤモンドをあしらった3モデルが登場した。テクニカル的にも難しいとされる、バネのような柔軟な動きとなめらかに描いた曲線美で、手元を華やかに彩ってくれる。サマードレスにもマッチする、涼やかな雰囲気を楽しんで。

オフィチーネパネライOfficine Panerai はイタリアの高級腕時計ブランドである。元々は1860年にジョヴァンニパネライGiovanni Panerai 1825年 – 1897年によってフィレンツェに設立された精密機器メーカーであり、現在でも温度計、湿度計、気圧計、クロノメーターなどを生産している。

精密機器納入業者であった縁でイタリア海軍より依頼を受け、パネライ一族が経営していたスイス時計店Orologeria Svizzera が当時代理店だった縁でロレックスから防水ケースのノウハウやムーブメントの供与を仰ぎ、特殊潜水部隊のために軍事用ダイバーズウォッチラジオミールを1936年試作し1938年製品化した。潜水服の上から装着できるようベルトは長く、視認性を保つためケースはφ47mmもある。第二次大戦中、放射線物質であるラジオミールに代わり新たにルミノールが開発され、それを搭載したモデルが納入された。特徴は9時位置の右側にスモールセコンドがある点である。また当初は100m防水であったが、大型のリューズガードを装備するようになり、これにリューズを押さえるレバーを取り付けることによってリューズの密閉度を上げ、200m防水を達成した。このリューズガードとレバーは現在も続くデザインの特徴となった

パネライはアレクサンドリア港攻撃に使用されて深海の暗黒において高い視認性を発揮し、作戦に参加し捕虜となったエミリオビアンキは戦後この時計がなかったら、作戦そのものが遂行不可能だったであろうと証言している。その後エジプト軍などで制式採用された

 

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.